Simkell

IT業界の実態

この記事ではIT業界の実態について書いていきます。
まず、IT業界というのは決して素晴らしい世界ではありません。

よく未経験からエンジニアとかエンジニアで年収○○○○円なんてのをよく見かけますが、エンジニアになるとバラ色の人生が待っているかというとそんなことはありません。

入社してみたら想像していたエンジニアの仕事とは違うことをさせられるかもしれません。ただエクセルに画像を貼っていくだけの仕事もあります。(私はエンジニアとして、お客様に「おはようございます!」と元気よく挨拶をする仕事をやっていました。)

まぁどんな仕事をしようが仕事は仕事なわけです。やるしかないと言われればその通りです。しかしIT業界が他の業界と違っているのは、違法行為を平然とやっていることです。

違法行為をしているなんて、何をいってるんだと思うかもしれませんが、私が関わってきたIT企業というのは100%違法行為をしています。

それを会社に指摘しても「みんなやっている」と言われて終わり。本当にそれがIT業界の実態です。

IT業界とは何か

まずはIT業界の実態について詳しくお話しましょう。

IT業界の多くは派遣事業を行なっています。
労働者派遣のことです。

派遣というのは、派遣元に所属しつつ派遣先で働くことです。
この時に重要なのが、派遣先の社員が指揮命令を行うことができるということです。

つまり「派遣先の社員から、あれやれこれやれ指示を受けて働く」ということです。
この労働形態に違法性はありません。私は派遣というビジネスが嫌いですけどね。

では何が違法なのか?
答えは派遣元と派遣先に仲介会社が存在している場合は違法です。

なぜ、仲介会社がいると違法になるのか?

そもそも派遣というビジネスは、労働者を派遣先に送り込んで、報酬を得るというビジネスです。
言い方は悪いですけど、労働者さえ雇えば利益がでるビジネスです。

この時、労働者はとても理不尽な扱いを受けます。なぜかというと、派遣先で働くということは、派遣先の仕事をするわけですが、給料は派遣元から支払われます。
つまり、労働者が本来得るべき報酬の一部は派遣元が利益として得ているのです。

ここに仲介会社がいると、労働者が本来得るべき報酬はさらに減ってしまいます。
いわゆるマージンというやつですね。

で、それは良くないよねということで、仲介会社が存在する派遣契約は多重派遣となり法律で禁止されています。

で、IT業界というのはこの多重派遣のオンパレードなわけです。
でもIT業界もバカじゃないのでこの多重派遣をうまく隠蔽しています。でもやっていることは多重派遣です。

SESという働き方

多重派遣を隠蔽する方法に使われるのが、SESという労働形態です。これは準委任契約になります。

まぁ難しい言葉が出てきてしまいますが、簡単にいうと派遣契約じゃない派遣契約みたいなものです。
(もちろん派遣契約のことではありませんが、実態は派遣契約と同じことをしています)

SESというのは業務委託とか言われています。どういうことかというと、「この仕事をやってください。わかりました。」というのがSESです。

SESは派遣でなくて業務委託であるというのがポイントです。業務委託については後述します。SESは派遣ではない。ということが大切です。

SESは派遣ではありません。そのため派遣法は適用されません

じゃあ、みんなSESにすれば多重派遣し放題じゃん?その通りです。みんな多重派遣し放題でやってます。

本当の請負契約の姿

SESにすれば多重派遣し放題なんてことは、もちろんおかしいことです。
おかしいことがIT業界では起きています。

業務委託というのが多重派遣の抜け穴であることがわかりましたが、業務委託ととは一体どんな労働なのか?実は業務委託という言葉の定義は存在しません。

業務委託というのは、請負契約と委任契約と準委任契約のことを指しています。
IT業界において委任と準委任は同じものとして見て問題はないでしょう。

そして先ほども書きましたが、SESというのは準委任契約に該当します。SESは派遣ではありません。準委任契約です。

派遣と業務委託(請負契約、委任契約、準委任契約)は何が違うのか?

では、派遣と業務委託の違いは何か?
大きな違いは指揮命令権の有無です。

請負契約というのは派遣先の社員に指揮命令権がありません。

これは大事なことです。
もしも、SES契約で派遣先の社員からあれこれ指示を受けていたら、それは業務委託ではありません。派遣になります。

SES契約で会社同士が契約しても、労働条件通知書にSES契約で働いてもらおうと書いてあっても、指揮命令の有無でそれが派遣かどうかが決まります。

つまり、SES契約でも派遣先からの指揮命令があればそれは派遣契約と見なされます。

このように業務委託で派遣と同じことをする行為を偽装請負と呼びます。

IT業界のほとんどで、この図のようなことが起きています。
もっと酷いと、仲介会社が何社も存在していて、多重下請け構造になっている場合もあります。

業務委託というのは、派遣先からの指揮命令を受けることは許されません。それは派遣になります。

仲介会社が不正なマージンを取っている現状

色々なサービスで、友達紹介キャンペーンというのがありますね、紹介した人もAmazonギフト券をプレゼントとか、そういったキャンペーンです。

そんな感じで仲介会社というのは、他の会社の労働者を紹介して報酬を得ています。

実際に労働者を雇うこともせず、その雇用リスクゼロに金だけ得るってのは納得いかないでしょう。

ぶっちゃけIT企業は独自の商品や技術力がなくても始められます。人さえ雇えば利益が出ます。そんな状態なので悪質な底辺ITブラック企業が乱立しており、仲介会社は甘い蜜を吸いたい放題でございます。